花形職業に就く

デザイナーやイラストレーターという仕事は、美術系の学校を出た人にとって「花形職業」だと言うことができるのではないでしょうか。だからこそ、そうした仕事に就くために、毎日募集要項に目を通しているという人もいるでしょう。大手のデザイン事務所への就職を希望して募集を探している人もいれば、小さくても個性的なデザインをする事務所に就職したいと考えている人もいるでしょう。グラフィックデザイナーになりたい、Webデザイナーになりたいなど、希望している分野もさまざまなだと思います。ですが、そうした希望に沿う求人はなかなか出てこないものです。もちろん、希望を捨てず探し続けることは大切なことですが、探しながら他の仕事で経験を積むというのも、そうしたところへ就職するための足がかりになるのではないでしょうか。

現在、もっとも募集の多いデザイナーの仕事は、スマホゲームなどで使われるキャラクターやアイテムのデザインです。スマートフォンやタブレットを使用している人であれば、ひとつやふたつはダウンロードしたことがあるのではないでしょうか。スマートフォンやタブレットの普及によって、スマホゲームの人気は高まり、配信する企業が増えていることから、制作代行企業では常にデザイナーやイラストレーターを募集しています。「自分の就きたい仕事ではない」と考える人もいるかもしれませんが、デザイナーを目指しているのであれば、さまざまな依頼に対応できることが望ましく、そのためには、やはりさまざまな経験を積んでおくことが大切なのではないでしょうか。

希望の仕事に就くために、「経験」はプラスになりこそすれマイナスになることはないので、イラストレーターやデザイナー募集という広告をチェックする傍ら、フリーランスとして制作代行企業と契約をし、実際にデザインの仕事をしてみることをお勧めします。自分にとっての「花形職業」に就くための、これは最初のステップであり、経験値を上げるための大切な機会でもあるのです。